初めてのコンタクトレンズで知っておきたい基礎知識や選び方のポイントなどを紹介

コンタクトレンズの選び方のポイントですが、コンタクトレンズは医療機器に分類されるもので正しい使い方をしなければなりません。初めて利用するときには装着の仕方や外した後のメンテナンス方法など、これらを熟知することが大切です。なお、コンタクトレンズにはハードコンタクトと使い捨てのソフトコンタクトの2種類があり、ソフトタイプには1日だけしか使えない1Dayや2週間利用できる2Week、そして1か月間使える1Monthなどの種類が用意されています。

コンタクトレンズは大きく分けてハード・ソフトの2種類がある

コンタクトレンズは、使い捨てタイプのソフトコンタクトや長期間利用できるハードコンタクトの2種類があります。営業の仕事や建設関係など、屋外で仕事をする機会が多い人はサングラスを装用するなど紫外線から目を守る人も多いのではないでしょうか。ハードコンタクトには、UVカット機能が付いているタイプがあるのでサングラスを使用することなく屋外での仕事ができます。仕事以外にも、日常生活や夏場だけでなく紫外線の反射が気になる降雪地でのウィンタースポーツにもUVカット付きが最適です。紫外線は視力低下など、目のトラブルの原因になるものなのでしっかり防ぐなど目の保護をしましょう。コンタクトレンズを選ぶとき、装用時間も考慮することが大切です。例えば、目の健康が気になる人は終日装用タイプがおすすめです。終日装用は朝装着して夜寝る前に外して洗浄するスタイルで、寝る前に外すため目に酸素を補給しやすくなります。コンタクトレンズの手入れが面倒に感じる人も多いかと思われますが、連続タイプなら1週間から1か月程度装用し続けることができるので洗浄液などで洗う手間を軽減できます。

快適にコンタクトレンズを使用するためのコツ

眼鏡がいらず素顔の印象を変えずに視力を矯正できる便利なコンタクトレンズですが、着用していてゴロゴロとした異物感を感じたりする方も珍しくありません。どうすればコンタクトレンズを快適に着用することができるのか気になる方も多いのではないでしょうか。コンタクトレンズを快適に装着するコツは、まずレンズが左右にずれて正しい位置におさまっていない可能性があるため、「強めの瞬きや目を上下左右」に動かします。目を動かしているうちにずれたレンズが正しい位置に戻るため不快感が解消される場合があります。次にコンタクトレンズと目の表面にゴミが付着している場合も異物感を感じてしまうため、「目薬や人工涙液」で潤いを与えて洗い流すこともコツになります。目薬を使用する場合は必ずコンタクトの上からでも点眼できるタイプのものを選び、レンズを装着する前にも点眼してしっかり目に潤いを与えておくことでスムーズ装着と使用感をサポートしてくれることに繋がります。

日本のコンタクトレンズは種類も豊富で気軽に使える

視力を補正するだけでなくファッションアイテムなど、様々な用途に合わせてコンタクトレンズを活用する人はとても多いです。特に日本ではコンタクトレンズ自体は種類が豊富にあるからこそ、様々な人が気軽に利用できるのが魅力でもあります。遠近両用タイプやスポーツ専用の他、カラーバリエーションが豊富という点でファッションに利用するケースも多いです。日本では高品質な製品が多いからこそ、安心して利用出来るという点も大きな魅力でもあります。直接瞳に装着するレンズだからこそ、安全性は重要なポイントです。眼科での処方が必要という点でも、自分にあったレンズを処方してもらう事が出来るという点も魅力となります。昔に比べるとコストパフォーマンスも優れており、日頃から利用するのに費用面で負担になる事が少ないという点も大きな特徴です。販売している企業側もユーザーのニーズに合わせた種類を用意し展開しているからこそ、多くの人にあったレンズを選びやすくなっています。

シーン別で変わるコンタクトレンズの選び方

視力が悪い人にとって、欠かせないアイテムの1つにコンタクトレンズがあります。メガネのように顔に掛けて使用するのではなく、直接瞳に装着することで使用できるのが特徴です。実際にコンタクトレンズ自体にも種類があるので、シーン別に使い分ける事がポイントとなります。通常の生活を送る場合であればよりシンプルなレンズを選ぶのが良いですが、スポーツをプレイする場合であればスポーツ用を使用するのが大切です。激しく身体を動かすだけでなく汗やほこりなど、通常の生活とは異なる環境になるからこそレンズを合わせることでプレイ向上にもつながります。屋外で活動する場合であればUVカット機能タイプを選んだり、夜間であればブルーライトカットの他に拡散レンズを使用するという方法も有効的です。乱視の人や老眼がある人であれば、遠近両用を選ぶといった方法もあります。特別なイベントであればカラータイプのレンズを利用するなど、シーンに合わせた最適なレンズ選びは重要といえます。

角膜に酸素を通しやすいハードコンタクトレンズ

コンタクトレンズはメガネと同じように視力補正として使用する他に、種類によってはファッションアイテムとして活用されるケースも多いです。コンタクトレンズ自体にはより柔軟性の高い使用方法のあるソフトタイプの他に、ハードタイプのコンタクトレンズも多く愛用されている種類となります。ハードタイプは角膜に酸素を通しやすいという点で、高い酸素透過性があるのでクリアな視界で利用でいるのが魅力です。十分な酸素が目にいきわたることで、他のレンズに比べるとぐっと見るという状態を良好にしてくれます。ハードタイプはソフトよりもレンズ自体が硬いですが、耐久性が高く体外からの刺激にも強いというのも利点の1つです。汚れなどの異物などもレンズに付着しにくいので、より清潔に使用する事が出来ます。酸素が十分角膜に届ける事ができるからこそ、健康的な状態をキープしたままレンズを使用する事が可能であり高い視力矯正ができるという点もポイントといえます。

長期間使用できることから経済的にもお得なハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、視力矯正のための優れた選択肢であり、その長期間にわたる使用は経済的な利点ももたらします。この硬いレンズは、コロナウイルスのようなウイルスが物質に付着しにくい表面を持つため、清潔さを保つのが比較的容易です。そのため現在の世界情勢下でも非常に人気があります。経済的な利点は長期間にわたる使用に起因しています。まず第一に柔軟なレンズよりも耐久性があります。通常、柔軟なレンズは数週間から1か月ごとに交換する必要がありますが、数年にわたって使用できることがあります。これによりレンズの交換にかかる費用を大幅に削減できます。さらに非常に丈夫で、傷がつきにくいため取り扱いに慎重であれば長期間使用できます。柔軟なレンズは折りたたんだり破れたりすることがありますが、ハードコンタクトレンズはそのような心配がほとんどありません。そのため交換コストだけでなく修理や交換の頻度も低減できます。長期間使用できるハードコンタクトレンズはお得であり、耐久性や矯正効果においても高い評価を受けています。眼鏡や柔軟なコンタクトレンズに比べて、長期的な視力矯正の選択肢として一考する価値があります。しかし使用前に必ず専門の眼科医と相談し、適切なアドバイスを受けることをお勧めします。

スポーツをやる方に最適なソフトコンタクトレンズ

視力が悪い場合に使用するアイテムとしてメガネの他に、コンタクトレンズは多くの人に利用されているアイテムの1つです。普通の生活を行うだけでなくスポーツをプレイする人にとって、最低なタイプのレンズとしてソフトコンタクトレンズがあります。ハードタイプよりもフィット感がありますが、その他に種類を選ぶ上で高い酸素透過性があるタイプを選ぶという点です。眼球も激しく動かす場合は酸素が必要となるので、透過性の高いレンズであれば安定して使用する事につながります。屋外でのプレイを想定している場合は、紫外線から瞳を守るという点でもUV保護のあるレンズを選ぶのも重要です。激しく身体を動かすことで目に汗が入る可能性があるのであれば、水に対する耐性があるという点もポイントになります。使用するのが昼間なのか夜間なのかによっても選ぶ種類は変わってくるので、より最適な種類を選ぶ事がスポーツをする上でパフォーマンス向上に繋がるポイントです。

コンタクトレンズの正しいお手入れ方法

近年ではファッションの一部として取り入れられるカラーコンタクトをはじめ、様々なコンタクトレンズが販売されており、眼鏡からコンタクトレンズに変える方も少なくありません。使いはじめた方やこれから使おうと考えている肩の中には、どのようにコンタクトレンズをお手入れすれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。コンタクトレンズのお手入れ方法としては、まず専用の消毒液とケースを用意し、レンズを外したら消毒液を垂らした手のひらの上に乗せて「洗浄」をします。手のひらでレンズの裏表を人差し指の腹で優しくくるくると20回〜30回丁寧にこすり洗いをして、汚れを落としていきます。この時に余計な力を入れてしまうとレンズの表面に傷がついてしまう可能性があるため、注意が必要です。洗浄後は、再度消毒液を数滴かけて「すすぎ」を行い、消毒液で満たした専用のレンズケース内に入れてしっかり蓋をして密閉した状態で約4時間放置することで消毒できます。

コンタクトレンズの装用時間が長い方はハードタイプがおすすめ

コンタクトレンズは視力矯正や美容を目的として、多くの人にとって日常生活の一部となっています。しかしどのタイプのレンズが最適かは、個々のニーズや生活スタイルによって異なります。特に装用時間が長い方には、ハードタイプがおすすめされることがあります。ハードコンタクトはソフトとは異なる素材で作られており、硬さと耐久性が特徴です。そのため、長時間の装用に適しています。ハードコンタクトは目に直接触れるため、通気性が高く、酸素供給も良好です。これにより、目の健康を保ちながら快適に装用できます。またハードコンタクトは形状を保持しやすいため、視力矯正の効果が安定しています。ソフトは一日中装用していると形状が変わることがありますが、ハードはその心配が少ないのが利点です。ただしハードは最初に適合させるのに時間がかかることがあり、ソフトに比べると適応期間が長いことがあります。また、初めての装用者には違和感を感じることがあるかもしれませんが、慣れてくれば問題ありません。長時間のコンタクトレンズ装用が必要な場合、ハードタイプのコンタクトレンズは目の健康を保ちながら安定した視力矯正を提供する優れた選択肢です。ただし専門家のアドバイスを受け、個々の目の状態やニーズに合ったコンタクトレンズを選ぶことが大切です。

衛生面が気になる方は使い捨てコンタクトレンズがおすすめ

視力矯正のためにコンタクトレンズを使用したいが、色々と種類がありどれを選べば良いかわからない、という方は多いでしょう。
基本的にはハードコンタクトとソフトコンタクトの二種類があり、ソフトコンタクトには使い捨てタイプの製品も多くあります。
衛生面をとくに重視して選びたいという場合は、使い捨てタイプのコンタクトレンズがおすすめでしょう。
長期間装用することが可能なレンズは、毎日のお手入れを欠かすことができません。
適切にお手入れをしないと、レンズに汚れが付着してしまい、目のトラブルを引き起こす恐れがあります。
一日使い捨てタイプのコンタクトレンズなら、毎日新しいレンズを開封して装用する形となりますので、非常に衛生的です。
非常に清潔ですし、お手入れの手間がかからないという利点もあります。
使い捨てコンタクトレンズの中にも一日用や一週間用などいくつかの種類がありますので、使用頻度や使い勝手の良さに合わせて選びましょう。

遠近両用のコンタクトレンズにはどんなメリットがある?

視力を補助する場合はメガネの他に、コンタクトレズも多くの人が愛用しているアイテムです。
特に直接目の中にレンズを装着して使用することで、メガネのような煩わしさがなく利用できるのが魅力でもあります。
レンズ自体には様々な種類がありますが、その中の1つに遠近両用タイプのコンタクトレンズがあります。
視力には遠視や近視といった視力の内容にも違いがありますが、遠近両用タイプはそのどちらの症状にも使用できるコンタクトレンズです。
両方タイプのレンズを使用する大きなメリットとして、利便性の高さが最大の魅力といえます。
メガネの場合は遠くを見る時や近くを見る時の状況に合わせて、メガネ自体をかけ直すという手間が必要です。
外出する場合は持ち運ぶ数も増えるからこそ負担になる事もありますが、1つのレンズで対応してくれるからこそ煩わしさもなく活用する事が出来ます。
様々な視力の状態に合わせてカバーしてくれるからこそ、負担なく生活出来るという点が強みといえます。

乱視用コンタクトレンズはどんな方におすすめ?

乱視用コンタクトレンズは視力異常の一種である乱視に悩む多くの人々にとって非常に有用な視力補正アイテムです。
乱視は角膜や水晶体の形状が正常でないために、近くと遠くの対象を正確にフォーカスできない状態を指します。
この状態は近視や遠視とは異なり、通常のコンタクトレンズやメガネでは効果的に補正できないことがあります。
そこで乱視のコンタクトレンズが役立ちます。
乱視用コンタクトレンズは、以下のような方におすすめです。
当然ですが乱視が診断された方には特におすすめです。
角膜や水晶体の形状に応じて視力を調整するため乱視に対する効果的な補正が可能です。
メガネは乱視を補正できますが、一部の人にとってはメガネが不便であることがあります。
例えばスポーツやアクティブなライフスタイルを送る方や外見を気にされる方など、メガネが合わない状況や好みの方には適しています。
遠くと近くの視力を同時に補正できる多焦点もあります。
これらは老眼や近視と乱視が同時に存在する方に特に適しています。
最終的に利用するかどうかは個人の視力状態やライフスタイルに合わせて検討すべきです。
適切に処方され、正しく使用される限り乱視に対する効果的な解決策となります。
専門の眼科医との相談をおすすめします。

コンタクトレンズはタイプごとに適したケアが必要になる

コンタクトレンズにはハードコンタクトとソフトコンタクトの二種類があり、それぞれのタイプに合わせたお手入れをする必要があります。
ハードコンタクトのお手入れ方法は、レンズケースに専用のケア用品を注ぎ、そこにレンズを入れて一定時間以上保存する、というものです。
使用する際にはホルダーごとレンズを水ですすぎ、薬液をこすり洗いして落としてから、装着します。
ソフトコンタクトの場合は、まず専用の液を使用してレンズをこすり洗いし、すすいだ後に消毒と保存をするという流れです。
いずれのコンタクトレンズの場合も、お手入れ前にきちんと手を洗い、清潔な状態にしてからレンズにふれるよう注意する必要があります。
また製品の種類により適した洗浄液などが異なるため、付属している説明書などをよく読み、専用のケア用品を使用することが大切です。
説明書にきちんと目を通し、適切なお手入れをして、安全かつ衛生的にコンタクトレンズを使用しましょう。

コンタクトレンズの付け方・外し方で意識したいポイント

コンタクトレンズは視力矯正や美容、スポーツなど多くの目的で使用されていますが、正しい付け方と外し方を実践することは非常に重要です。
レンズを付ける際には手洗いを徹底します。
手指にバクテリアや汚れがついていると、コンタクトレンズに移る可能性があります。
石鹸を使って手を洗いよくすすぐことが大切です。
そして手をしっかりと拭いてから作業に取り掛かりましょう。
レンズを取り出す前に鏡を使って自分の目にしっかりと向き合います。
指先にレンズをセットする際、指が目に触れないように注意深く行います。
レンズを指にのせたら目を大きく見開き、ゆっくりとコンタクトレンズを目にセットします。
無理に入れようとせず優しくレンズが目に収まるのを待ちます。
外す際にも手洗いは欠かせません。
手指に細菌が付いていると、コンタクトレンズを触れることで感染症のリスクが高まります。
指をきれいに洗って乾かしたら鏡を使って目を見つめ、指を使ってレンズをやさしくつまみます。
レンズが指に取れたら、専用の保存液に保管しましょう。
再使用する際には、必ず新しい保存液で洗浄し、消毒を行います。
目の健康と快適な視力矯正のために重要ですが、正しい付け方と外し方を実践することが不可欠です。
清潔な手と注意深い作業を心がけ、目の健康を守りながら快適な視力矯正を享受しましょう。

コンタクトレンズ 通販に関する情報サイト
コンタクトレンズの基礎知識

このサイトでは、眼鏡から卒業したいと考えている人に向けたコンタクトの基礎知識や選び方のポイントを初心者にも分かりやすくご紹介しています。初心者がコンタクトレンズを選ぶときにはどのような点を意識しておけば良いのか、これは初めての利用のときには誰もが悩む部分です。基本的には、眼科で処方箋を作って貰って専門店にそれを持っていけば自分の視力などに合う商品を教えてくれます。なお、目のトラブルを防止するためにしっておくべき注意点なども紹介しています。

Search